1. HOME
  2. 入院・お見舞い:入院手順
入院・お見舞い

入院手順

ご入院までの手続きについて

写真
ご入院の場合も初めに外来で診察を受けていただきます。
当院に掛かられておらず、入院をご検討されている方は、医療相談室にご相談下さい。
ご入院に際して、原則としてご家族の同伴をお願いします。
入院申込み手続きに保険証と印鑑が必要となりますのでお持ちください。
  • フェイスタオル・バスタオルなどについては、リース業者のご紹介も行っております。
  • 病棟によってご用意いただくものが異なりますので、詳細は医療相談室にお問合せください。

  1. 外来で主治医が入院の診察をします。
  2. ↓
  3. 入院が決まりましたら、日程の調整をします。
    即日入院となる場合もあります。(
  4. ↓
  5. 後日の入院は再度外来で診察をし、入院手続きをします。(
    可能な方はご家族の方と同伴でご来院下さい。

当日に入院が決定された際には、当日に入院手続きを行います。

入院案内の詳細はこちら

入院について

入院形態の説明
1)任意入院
ご本人が入院治療を理解して入院に同意した形態です。
なお、この形態はご本人が希望すれば原則として退院することができます。
2)医療保護入院
ご本人の病状等により、入院の同意が得られない時があります。その場合、精神保健指定医が入院の必要があると判断し、保護者の同意が得られれば入院できる形態です。
その後、病状が改善しご本人から治療の同意を得られる状態になった場合、任意入院に切り替えることも可能です。
保護者の説明
保護者とは精神保健福祉法で規定された保護者であり、一般に言われる保護者ではありません。
保護者には優先順位があり、①後見人・保佐人②配偶者③親権者④家庭裁判所が選任した扶養義務者となっています。
扶養義務者とは、両親・子・祖父母や兄弟姉妹等を指し、家庭裁判所で「保護者の選任申立」を行う必要があります。
なお、これらについて詳しくお知りになりたい場合は、医療相談室にお問い合わせください。

高齢者向け住宅 訪問看護 保育所 地域支援 在宅看護 特養ホーム 病院 社会福祉法人 桜ヶ丘社会事業協会