医療機関の方へ

医療機関の方へ

桜ヶ丘記念病院は、東京都により2015年9月から地域連携型認知症疾患医療センターとして指定されています。認知症疾患医療センターは、かかりつけ医をはじめとする地域の医療機関や介護保険事業所と連携しながら、認知症に関する専門的な相談を受けるとともに適切な医療の提供を行うことを目的にしています。
当院では、認知症に関わる各種相談業務とともに、認知症の鑑別診断、抗認知症薬の導入、行動・心理症状(BPSD)の治療などを外来および入院にて行っています。認知症の疑いがある患者さんや認知症と診断されていて症状が増悪した患者さんをご紹介ください。その際に、診療情報提供書のご提供をお願いいたします(当院でもフォーマットを用意していますのでご利用ください)。
認知症専門外来(シルバー外来)の初診は完全予約制となっていますので、相談窓口に電話での予約が必要です。詳しくは受診の流れをご参照ください。

かかりつけ医の先生へ

かかりつけ医の先生からのご紹介の場合は、治療方針が決定すると認知症療養計画書を発行します。計画書の内容に従って、かかりつけ先生のほうで治療や経過観察を継続していただくようお願いしておりますが、BPSDやうつなどの精神症状、不眠の治療のため、しばらく当院で治療をさせていただく場合もあります。当院への紹介時やお戻し後の算定については、“算定について“をご参照ください。

入院治療について

認知症の中核症状であるもの忘れに加え、不安・焦燥、うつ、幻覚・妄想、易怒・興奮、徘徊など認知症の周辺症状であるBPSDがあると、自宅や施設での生活が困難となってしまいます。当院の東京都老人性認知症専門病棟では主にBPSDの治療を行っていますので、入院治療についてもご相談を承っています。相談窓口にお電話くださいますようお願いいたします。

高齢者向け住宅 訪問看護 保育所 地域支援 在宅看護 特養ホーム 病院 社会福祉法人 桜ヶ丘社会事業協会 高齢者向け住宅 訪問看護 地域支援 保育所 在宅看護 特養ホーム 病院 社会福祉法人 桜ヶ丘社会事業協会