1. HOME
  2. 医療関係者の皆様へ
  3. 看護部の教育計画
医療関係者の皆様へ

看護部の教育計画

看護部教育について

看護部では、平成24年度から、『クリニカルラダーシステム』を取り入れています。
このシステムの導入目的には、『看護職の臨床能力・仕事の満足度の向上を目指し、結果として熟練した看護職の育成をする』と、単に研修を受けるだけではなく、『教育を受けることをとおして自らの進む道が明らかになるよう支援する』の2点があります。
看護部では、「オレム・アンダーウッド理論」を基本におき、患者および患者を取り巻く人々との相互理解を心がけ、丁寧で心のこもった看護・介護の実践を理念に定めています。その理念の達成に向けて、セルフケア理論の本質ともいえる『個人の意思が尊重されること』を前提におきながら、『倫理という土壌』に『相互理解の幹』を育て、『知識と技術の花や葉』を豊かに実らせる意味が、この『クリニカルラダーシステム』に包含されております。
イラスト システムとしては、まだまだ不備ではありますが、様々な場面で評価をしながら、桜ヶ丘記念病院看護部の看護力を高めていきたいと考えております。

当院のクリニカルラダーの特色

  • 自己評価を行い、ステップアップのために必要な研修を自ら選択し参加します。
  • 専門職として個性豊かなキャリアデザインを描き、その実現に向けてステップアップしていけることが目標です。
  • 初任者にはプリセプターシップ制度で支援をします。

クリニカルラダーレベル一覧はこちら

年間の研修計画はこちら


高齢者向け住宅 訪問看護 保育所 地域支援 在宅看護 特養ホーム 病院 社会福祉法人 桜ヶ丘社会事業協会