1. HOME
  2. 理事長挨拶

理事長挨拶

写真:社会福祉法人 桜ヶ丘社会事業協会 理事長 佐藤 忠彦 社会福祉法人 桜ヶ丘社会事業協会
理事長 佐藤 忠彦

社会福祉活動を実践するために設立されました

法人は、昭和6年4月23日に、東京市方面委員(現在の民生委員・児童委員)が社会福祉活動を実践するために設立した財団法人 東京市方面事業後援会を前身としております。昭和21年に名称を桜ヶ丘社会事業協会とし、昭和27年に組織を社会福祉法人に変更して、平成18年まで歴代の東京都民生児童委員連合会会長が代表理事を務め、以後理事長制度に移行して、今日を迎えました。

無料・低額診療を行う精神病院の経営を始めました

法人は、昭和15年11月3日に、桜ヶ丘保養院を東京府南多摩郡多摩村の現在地に、皇室、三井報恩会、慶應義塾等のご支援を得て開設し、精神病院の経営を始めました。診療は、慶應義塾との契約により同大学医学部神経科学教室(現 精神神経科学教室)に委託し、植松七九郎教授が初代院長を兼務いたしました。病院は当時劣悪な状況におかれていた精神障害者の救済を目的としており、また、公費及び軽費の患者や医療費の減額または免除を取扱い、当初から社会福祉の理念に沿った無料・低額診療を実施しております。

精神医療改革を進めています

法人は、第二次世界大戦後の隔離収容の時代に、精神病院において早期から作業療法やレクリエーションを活発に取り組んでおります。昭和40年代の精神医療改革の時代を経て平成2年4月に、病院名を「桜ヶ丘記念病院」に改称するとともに新病棟を建設し、精神科急性期疾患、アルコール疾患、認知症、老人合併症の病棟を再編成し、開放医療、外来医療を進めました。その後も、精神科救急医療、地域ケア、メンタルヘルス活動のために、外来管理棟の新築、訪問看護ステーションの設置、病棟の大改修を行い、さらなる改革に取り組んでおります。

高齢者福祉を展開しています

法人は、各種の社会福祉事業、公益事業に積極的に取り組み、昭和50年に、来るべき高齢化社会に向けて特別養護老人ホーム「桜ヶ丘延寿ホーム」を開設いたしました。平成13年に、介護保険の時代を迎えて居住環境を抜本的に改善した全面改築を行い、ショートステイ床を拡充するとともに、法人内の在宅サービスセンターや地域包括支援センターと協働して、高齢者の在宅支援を展開しております。

看護教育、保育事業を展開しています

法人は、平成6年に准看護師の進学コースとして医療財団法人 青溪会 駒木野病院とともに「桜ヶ丘青溪看護専門学校」を設立し、平成22年に東京都認証保育所「キッズガーデンかわせみ」を開設し、看護師不足対策や待機児童解消という社会的要請に応えると同時に、法人施設の人材育成と確保を目指しております。

多職種協働、地域連携、パートナーシップにより、未来を構築します

法人は、平成23年に80周年を迎え、現在、7施設13事業を経営し、職員数は600余名を数えております。 80周年を機に、「安らぎと温もりの輪」のスローガンの下、過去の歴史を直視する倫理と現在の課題に挑戦できる研鑚とを基本姿勢とし、社会福祉法人としての公益性と民間法人としての創意工夫に努め、多職種協働、地域や法人施設間の有機的な連携、パートナーシップにより、未来を構築する所存です。宜しくお願い申し上げます。

図

図